米国政府は国内において脱税をより徹底的に防止しようとしています。そのため、2010年3月18日に外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)が制定されました。